×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新しい仲間たち

磯遊びから帰ってきて、岩や生き物移動後、もう一度プラケース内を確認!

何やらシマシマな物体発見っ!
やっぱりいましたね。
極小バフンウニ。

一人前に小さな砂粒をくっつけています。
ウニって小さいときは棘が透明なんですね。
殻の模様が良く見えます。

もう一つのプラケースも確認!

この中に生き物がいました。
稚ヤドです。

ちゃんと確認してよかった・・・2匹とも水槽へ入れました。

採りたての岩にはワレカラがいっぱい・・きっと食べられてどんどんいなくなっていくんでしょうけど。
でも今回はヤドカリが食べない海藻がついた岩も採ってきたのです。
だからもしかしたら生き残ってくれる子もいるかもしれません。
他にも微生物はまだ海水中を泳いだり、ガラス面に付着したりしています。

お持ち帰りした子たちはこの5匹。
今いるイソヨコバサミと同じくらいの大きさと思って、連れてきたのでかなり大きいです。

青い触角に惹かれて
イソヨコバサミ2匹。

そして、赤い触角に惹かれて、ケアシホンヤドカリ3匹・・・と思っていたら、ケアシホンヤドカリ2匹、ホシゾラホンヤドカリ1匹
でした。
計6匹となるはずだったのですが・・・この一番左のケアシ。
なんだか悪っぽくありません?
こんなところから隠れて覗いて・・・やってくれました。
生き残っていたイソヨコバサミの貝殻を奪い取って・・・イソヨコバサミは★となってしまいました。
長生きしていたのに・・・磯から来た元気な奴らに負けてしまいました。
それはそうかもしれませんね・・・残念です。

それから貝が欲しかったのですが、なかなか欲しいときには見つからず、やっと見つけたのがシッタカ2匹。
シッタカって飼ったことがなかったのですが、触角はシマシマであんがい面白い顔をしてるんですね。

稚ヤドも貝殻を変えて、元気に成長中です。

 

 

HOME